旬の食材

旬の食材

Vol.47 『京醤排骨』 2014.04.15

1112010年6月、エクロールで調理研修をされた 台湾の 蔡 建瑋 さん(さいさん)は、台湾で
料理屋を営むお母さんを助けるべく、異業種から心機一転、料理の世界へと転職。日本で語学、調理を学びながら、寝る間も惜しんで働くタフガイの努力家。そして心の優しい人。
研修中毎日のように 「シェフ、作ってきたよ~」と、自宅で台湾料理の数々を作って持って来てくれた。 その中の一品がこの『京醤排骨』。 排骨は豚のスペアリブ、京は「北京」風。
五香粉や肉桂、唐辛子などの香辛料が効き、甜麺醤、辣椒醤、蠔油醤、味噌、黒糖などからなる甘辛ダレがからみつく。 これは旨い! 台湾では好んで家庭でもよく食べる料理で、 さいさんの“おふくろの味”でもあるそうだ。

仕込み時間には調理場でもBGMを流しているが、「シェフ、CD持ってきたよ~」と、かけたのは’80年代ビルボード・ヒットチャート・メドレー!世代を同じくして二人だけで盛り上がってしまった。 そして研修最後には 「シェフ、プレゼントあるよ~」と、なんと私の似顔絵??
が、これは……! 荒波を背に、『燃える! 職人魂』 と書かれたその男、マッチョマンは、
まさしく【北斗の拳】!!!
そんな風に見られてたのかなぁ。    さいさん、謝謝。